天井席が落ち着くんです。

ジャニーズなり何なり。妄想話も。

卑屈で卑怯な心をもって。

これは、私がとあるひとりのA.B.C-Zファンの方を苦手になってしまったお話。 これ以上ためたら、A.B.C-Z自体が嫌いになる気がしたので書かせてください。 あるところに、とても熱量のあるA.B.C-Zの1人のファンがいました。 その人は、A.B.C-Zがオリコン1位に…

花言葉の五関先生について考えた。

発売からどれだけ経ってるんだと自分で下書き見て思いました。 花言葉のMVに出てくる心療内科医、五関先生。 私の主治医にそっくりなんです。 笑いじわとか髪型とか全部。 髭はないけど。 で、なんかこの五関先生見てると妄想捗るな〜と思ったので今回は五関…

A.B.C-Zロケ地巡り。洋食モンブラン。

やぁやぁ。 追体験型の人間です。 A.B.C-Zが訪れたところが気になって仕方がない。 さあどうしましょう。 行きましょう、気になるなら! というわけで 浅草にある「モンブラン」に行ってきました。 ずいぶん前ですけど…。 1人だと道に迷うので、東京慣れした…

ドキナツ2017横アリ編

曲目のネタバレあるので注意してください。 それにしても久しぶりですね。 デストラップの感想も書かなければならないし、何より花言葉の五関先生についての妄想がまだ漂っているのでまとめなければなりません。 アイヤー、ワタシ イソグ タイセツ! A.B.C-Z…

忘れなくていい。

忘れなくていい。 無理に忘れなくていい。 後悔ないように生きていけたら。 楽しく生きられたら。 いろんなものを見て、感じて、食べて、幸せを感じられたら。 1秒1秒を大切に生きられたら。 それでいいのだと思う。 たった一瞬で私の思い出も、私のふるさと…

力をありがとう。

A.B.C-Zのみなさん、デビュー5周年おめでとうございます。 5年という年月は、たった5年かもしれないけれど、されど5年。 迷いつつ、戦いつつ、苦しむこともありながら5人で歩んできた5年だったのだろうなと思います。 以下、病気の記述がありますので閲覧に…

ジャニオタ自己紹介バトンやってみた。

2016年も終わりか〜〜はやい〜〜 そんなことを思いつつ、Twitterのいいね欄を見返してたわけです。 そしたらはい、見つけたー! やろうと思っててどこやったっけ?な、ジャニオタ自己紹介バトン。 今年中にやり残したことやっちゃおう。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…

雪の降る日に。

君はみぞれ混じりの雪の降る、寒い寒い日にうちに来ましたね。 ペットショップで厳しい躾を受けていたせいで、少し人に怯えていました。 それが私には悲しく思えて、せっかく私と家族になったんだから仲良くなりたいと思って一日中一緒にいました。 私の洋服…

周りを見れば

友達からかけられていた呪いがやっと解けた気がした。母校の文化祭に行き、楽しかったものの自分の生き方を自分に問うてしまい帰り道で自問自答した。気分は暗いまま夕飯時まで過ごし、そのあと友達と電話をした。頭が痛いので内容は省略するが、とにかく泣…

忘却と記憶の狭間。

今回書く記事の中には「死」に関連することが記述されています。苦手な方は閲覧を控えていただきますようお願い申し上げます。では。誰にでも、忘れてしまいたいことはあると思います。例を挙げるとするならば「黒歴史」と呼ばれる類のものでしょうか。しか…

怒りすぎて無になった。

9月11日、彼氏と別れた。理由:私のしたことが浮気に値するものだった(彼曰く)。お前意味わかんねぇ。それが最初の感想だった。私は男友達と(私の足の怪我のリハビリのために)少し大きめの海辺の公園まで出かけた。もちろん男友達だからやましいこともない。…

花屋に郁人はいなかった。

千葉のヤンキーをしていると、感謝の気持ちを人に伝えることをたまに忘れてしまう。だから今回はちゃんと伝えようと思った。どんな時も心配してくれる祖母に。生まれてからずっと面倒を見てきてくれたし、運動会は欠かさず来てくれた。A.B.C-Zも一緒に応援し…

母親がドッキリで泣いた。

はしちゃんは優しい。どんな時も。それを証明したのが、2枚目のアルバム「A.B.Sea Market」の初回版Bについてくる特典映像のドッキリ企画だろう。この企画は、メンバーの本性を暴こうという目的を持って行われた。橋本は優しさを試され、五関は自己の強さを…

バニラの香りと夢で逢いたい。

最初、怖くて仕方がなかった。言葉遣いがヤンキーだしクイズの解答台を壊すしどこかチャラい。だからかA.B.C-Zを好きになっても、1人だけ好きになれなかった。けれどそのイメージは裏切られた。180度反対に。まあ、振り付け見たいし行きたいな……程度の気持ち…

私がA.B.C-Zにはまったわけ。(後編)

そんなこんなで、音楽というもの自体から離れていった。しかしV6からは離れられなかった。ご丁寧にも三宅の健ちゃんがMCに字幕をつけていてくれたからである。これに関しては三宅の健ちゃんに菓子折りを贈呈したい気持ちでたくさんだ。2歳の頃からジャニヲタ…

私がA.B.C-Zにはまったわけ。(前編)

いきなりはてなブログを始めてみた。理由はない。内容が割と長め、しかも重くなるであろうこのことを最初の記事にするのは戸惑われたが、気持ちが抑えきれなかった。許してほしい。では本題へ入ろう。私がどうしてA.B.C-Zにはまったか。それは2013年12月にま…