天井席から見たあなた。

A.B.C-Zっていいね。

花屋に郁人はいなかった。

千葉のヤンキーをしていると、感謝の気持ちを人に伝えることをたまに忘れてしまう。
だから今回はちゃんと伝えようと思った。
どんな時も心配してくれる祖母に。
生まれてからずっと面倒を見てきてくれたし、運動会は欠かさず来てくれた。A.B.C-Zも一緒に応援してくれている。そんな元気な祖母だって、もう84歳になる。

「ねえ 永遠に続くものなどないのだと君は呟くけど」

ついこの間、曲を聴いて思った。
そうだよな、いつまでも元気でいてくれるわけじゃないんだよな……。最近は寝ている時間も増えてきたし膝も痛いとボヤいていたのも知っている。
ちょっとの見栄で、ツンとした態度を取ってしまうから祖母からはあまりよく思われていないとは思うが。
孫としては、心配なのだ。

千葉のヤンキーは案外素直である。
案外ね。見た目チャラい。
でもアホなために、人を喜ばす術を知らず、うんうんと悩んだ結果、好きなものを聞くという1番あかんやつをやってしまった。
以下、会話文。
私「おばあちゃん、花って好き?」
祖母「好きねえ」
私「おばあちゃんは何の花が好きなん?じいちゃんのも知りたい。」
祖母「私はカーネーション、じいさんはー……死んでるからどうでもいいけど百合が好きかな。」
ババア、なんと旦那をどうでもいいポジションに置いていた。
そんなこんなで、緊張しながら花屋に行ってみた。
……郁人くんいねぇじゃん。
お昼に行ったのにイケメン療法士もいねぇ。
現実は厳しい。
私「百合と……カカカ、カーネーション1本ずつ下さい。(^_^;)」
もう汗びっしょり。
想像してみてほしい。髪型が塚ちゃん、服のテイストははしちゃん、声の低さがとっつー。
花屋で浮くに決まっている。
千葉のヤンキー、案外ビビリだからいちいち驚く。
店員「リボンの色は何色にいたしますか?」
私「あ、あおで………。」

そんなこんなありつつ、無事受け取った花束。そして帰宅。
祖母が帰宅したのを見計らい、
「はい。初任給少なかったからこんなんで。ごめん。ありがと。」
千葉のヤンキーはこれが限界。

するとまぁ、なんということでしょう(ビフォーアフター風)
祖母が泣き出した。
「初任給使わせちゃってごめんね」だの言ってたけど、いいんだよ。
たまにはありがとうって言いたかった。これからもよろしくねって、言葉じゃ伝えられないけど、花なら伝えられる気がしたから。

そんな祖母の悩み事。
A.B.C-ZのDVD見るたびに、郁人のソロアングルが少なくて探すのに大変だということ。
これからも、一緒に「ふみくん」を見続けよう。
(ファンレター出すくらいの強火担)